環境保全・コスト削減を両立させます
世界的なCO2排出量抑制への動きや、排気ガス中のNOx・PM規制強化などを背景に、ディーゼル車をめぐる環境改善運動は急激に進展を遂げ、エンジンオイルにも省燃費や廃油量削減(長寿命化)がより強く求められています。これを受け、2001年4月から日本車のエンジンにより適した新規格DH-1※1が誕生し、ディーゼルエンジンオイルは新しい時代を迎えました。省燃費化・ロングドレン化は、コストダウンにも直結する大きな課題です。出光は環境保全とコスト削減の両面から「低価格化からランニングコストダウンへ」「シングルからマルチへ」を推進。省燃費かつロングドレンの高性能マルチグレードエンジンオイルをご提案しています。

出光では燃料費コスト削減、環境対策の観点から5W-30という粘度の低いベースオイルを使用することで燃費改善効果の高いディーゼルエンジンオイルを開発しました。

出光興産のテストではシングル30対比で12.1%、10W-30対比でも6.7%の燃費向上を実現しました。

当社では昨年から路線バス会社様、長距離バス会社様に提案をしてまいりましたが、各社から積極的に採用をしていただき、大きな効果をあげております。

燃費改善だけでなく、オイル交換周期を伸ばすことができます。それによってオイル交換コストの削減、労務改善につながります。

これはCO2削減という観点から見ると、
●燃費改善による燃料油使用量削減
●廃油量の削減
という2重の効果があることになります。

 
特徴1 省燃費性能を実現します
従来品に比べ粘度の低いベースオイルを採用する事で、汎用的な#30、10W-30と比較し、燃費向上に貢献します。
出光興産のテストではシングル30対比で12.1%、10W-30対比で6.7%の燃費向上を実現しました。
 
特徴2 DPFの目詰まりを抑制します
オイル中の灰分を1.0wt%まで低減することによりフィルターを詰りにくくし、燃費悪化や出力低下を抑制します。またP(リン)分、S(硫黄)分の低減により、排気ガス浄化マフラー内の触媒の被毒も抑制します。
本油はDPF対応ディーゼルエンジンオイル規格「JASO DH-2」を満たしています。
 
特徴3 エンジン内部をクリーンに保ち、エンジントラブルを防ぎます
JASO DH-1規格と同等のエンジン試験に合格しており、優れた清浄分散性能によりエンジン内部をクリーンに保ちます。また耐摩耗性能に優れ、動弁系(エンジン燃焼室内の吸入排気を制御するバルブ機構)の摩耗トラブルを防止します。
 
特徴4 規格・粘度グレード
JASO DH-2 5W-30 >>